SASnetは睡眠時無呼吸症候群に関する情報サイトです。最新ニュース、イベント情報、専門医療機関検索等の情報を提供します。


快眠コラム

アルコールと睡眠の関係

お酒を飲むと眠れる?眠れない?

お酒を飲んだ帰り道、電車の中でウトウトし、「降りる駅を過ぎてしまった!」といった経験はありませんか。お酒を飲むと、なぜか眠くなってしまうものです。そのため、寝つきにくい晩には、眠りを誘うための道具として、寝酒(ナイトキャップ)の習慣を続けている人もいるようです。

たしかに、少量のアルコールは脳の興奮を鎮めるはたらきがあるため、多少寝つきは良くなる効果があるとされています。一方、たくさんお酒を飲んだ晩などは、夜中に目が覚めたり、早朝に起きてしまったり、「よく眠れなかった」という現象が現れるから不思議です。

これももちろん、アルコールによる影響です。お酒を飲んで寝るとしばらくは、アルコールの分解時に発生するアセトアルデヒドの影響で、レム睡眠(体は休んでいても、脳が活発に動いている状態)が抑えられます。しかし、その反動で睡眠の後半にはレム睡眠が増加するため、浅い眠りが続き、中途覚醒を招くというわけです。

寝る前にお酒を飲む場合の注意点

また、お酒を飲んだ後は、よくいびきをかきます。これは、アルコールの筋弛緩作用により、のどの筋肉がゆるみ気道が狭まることが原因です。健康な人なら心配はありませんが(家族にとっては迷惑ですが)、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は症状が重くなるため注意が必要です。

また、前述のとおり、少量のアルコールには眠りを誘う効果がありますが、私たちの体はアルコールに順応しやすいつくりになっています。寝酒の習慣を続けるうちに求めるアルコール量が増え、気づかないうちにアルコール依存症となる危険性もあることを知っておいて下さい。

1日の終わりに、お酒を飲むことを楽しみにしている人も多いことでしょう。ですが、健康的な生活を送るには「お酒はほどほどに…」が結論と言えそうです。

ページTOPへ戻る


SASnet Copyright (c) 2011 SASnet All rights reserved.