SASnetは睡眠時無呼吸症候群に関する情報サイトです。最新ニュース、イベント情報、専門医療機関検索等の情報を提供します。


快眠コラム

金縛りはなぜ起こる?

原因は幽霊?眠りを妨げる恐ろしい現象

幽霊など信じていないのに、いざ体験してしまうととてつもない恐怖を感じる金縛り。いったん金縛りにあうと、意識はしっかりしているのに手足が動かず、助けを求めようとしても声が出ない、などということもあります。
人によっては「誰かが体の上に乗っていた」「体が空中に浮かんでいた」など、およそ現実にはあり得ないような経験をしたと感じることも。このような経験をすれば、さぞかし恐怖を感じるでしょう。

でも、こうした不思議な経験の正体は、じつは科学的に証明されています。金縛りは医学的には「睡眠麻痺」と言い、決して幽霊や得体の知れない物体のシワザではありません。ではなぜ、私達は金縛りにあうのでしょうか?

安心して!じつは医学的にも解明済み

金縛りが起こるのは、じつは私達の睡眠サイクルと深い関係があるのです。

私達の眠りには「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類があり、それらが交互に繰り返されています。「レム睡眠」のときにはある程度脳がはたらいているため、夢を見ることがあります。
「レム睡眠」のときには体を動かす夢を見たり、脳が「動け」という指令を出しますが、実際には眠っているため、本当に体が動くことはありません。それが「身動きもできない」という金縛り状態を生むのです。

金縛りにあうと強い恐怖心を感じますが、数分するとその状態は消えてなくなります。側に誰かが寝ているときは、体に触ってもらうことでも消えますので、ご安心を。

ページTOPへ戻る


SASnet Copyright (c) 2011 SASnet All rights reserved.